資金調達についてColumn

企業や組織などを運営する上で、資金の調達は必須です。
ビジネスの種類によっては、ある程度の資金が必要な場合もあるでしょう。
資金の有無で運営方法や、将来の可能性も変わってきます。
また、事業がスタートしてからも事業が拡大するにつれ、資金が必要になることや、始めに投資を必要とする事業も資金が必要です。
近年では、起業をサポートする会社やサービスが増え、企業は身近なものになっています。
資金調達の種類や方法も多様化されているので、資金調達について知っておきましょう。 事業の目的や、事業モデルによって資金調達の方法も変わってきます。
会社や組織に最適な資金調達を知ることや、ビジネスを成功させる第一歩になるのです。

ベンチャー企業が資金調達を必要とする際は焦りがちになりますが、長きにわたり健全経営を続けるためには、ポイントを押さえた調達が必須です。調達条件を確認し自社にベストか考慮しましょう。

・・・つづきはこちら

資金調達方法を知ることは、将来を見据えた経営のため不可欠です。種類によって全く異なった特徴やメリットがあります。従来の方法に加えて、近頃はクラウドファンディングなどもあります。

・・・つづきはこちら

資金調達の方法は多種多様にあります。会社の規模や資金によっても最適な資金調達の方法は異なるのです。それぞれの特徴を知って、会社にあった資金調達方法を実行することが大切になります。

・・・つづきはこちら

個人で資金調達をする方法はありますが、法人に比べると種類は限られているのが現状です。様々な資金調達の中から、適切な資金調達の方法で計画することがビジネスの成功につながります。

・・・つづきはこちら

企業により財務状況や財産の種類、希望する資金調達の方法が異なります。金融機関や融資サービスなどの特徴を知り比較することで最適な資金調達の方法を知ることができます。

・・・つづきはこちら

特定の資金調達方法だけを知っていても、その方法が利用できない時に対応することができません。公的融資やファクタリングなど様々な資金調達の方法に関する知識を持っておくことが大切です。

・・・つづきはこちら

資金調達はその企業の状態によって適切な方法が異なります。スタートアップ企業に欠かせない資金調達の考え方は、投資ラウンドです。段階によって投資家へのアピールポイントが異なります。

・・・つづきはこちら

ICOとは新規仮想通貨公開と言い、資金調達を行うために仮想通貨を新しく発行する新規株式公開の仮想通貨バージョンです。スタートアップ企業には大きなメリットがあります。IPOとの違いなどを理解した上で資金調達をすることが大切です。

・・・つづきはこちら

経営は資金調達が重要なポイントになりますが資金調達の前には準備が必要です。目的と資金の利用方法を明確にすることや、お金を出す側にもメリットがあることがわかるように提示しましょう。

・・・つづきはこちら

多くの起業家が悩むのは、開業に必要な資金調達ではないでしょうか。融資対策をしっかりしておかなければ融資の審査が通りません。融資対策のポイントをおさえて資金調達をしましょう。

・・・つづきはこちら

独立や開業直後は会社としての信用力がなく、資金調達に苦労することも多くなります。新創業融資制度は独立や開業しようと思う人へ積極的に融資を行い、1カ月ほどで融資可能です。

・・・つづきはこちら

中小企業倒産防止共済は無担保無保証人で資金調達ができます。1年以上掛金を納めている場合は解約手当金も支払われ、資金を手にするまで早いというのも魅力的といえます。

・・・つづきはこちら

リスケジュールの申請における一連の流れで最も重要になるのは経営計画改善書の作成です。経営再建の本気度が伝わるかどうか経営計画改善書の内容と面談で銀行側は判断します。

・・・つづきはこちら

ビジネスローンを利用すればすぐに資金調達ができるメリットがあるものの、返済しきれない場合は今後の経営に多大な影響を及ぼすからこそ、短期的な借り入れを前提にすべきです。

・・・つづきはこちら

仮想通貨ローンは毎月の返済額が少なく済み、ローン審査が通らない人も利用できます。また、仮想通貨を売却しないと税金は課税されず、最短翌日融資が可能であるのも魅力的です。

・・・つづきはこちら

経営者は資金調達で悩むものです。中小企業や個人事業主は銀行が常に融資をしてくれるわけではないため、資金調達は大きな問題になることがあります。その際はビジネスローンを検討しましょう。

・・・つづきはこちら

資金調達の方法は様々ですが、売掛金を活用する方法にABLとファクタリングがあります。この2つの方法は別物であるため、違いを理解してから資金調達の方法を選択することが大切です。

・・・つづきはこちら

自分が保有している資金で設立できない場合は、融資を受けるのが一般的です。融資には様々な方法がありますが、創業融資の場合は公的な融資を活用すべきだとされている3つの理由があります。

・・・つづきはこちら

売掛金担保融資は、売掛金を担保にしてお金を借りる方法です。売掛金を活用するファクタリングと似ているため、2つの違いを理解し、最適な資金調達方法を選択することが大切です。

・・・つづきはこちら

資金調達の方法の一つに売掛債権担保融資があります。これは売掛金を担保とする方法です。売掛債権担保融資は画期的な資金調達方法だとされており、借り入れを抑えることができます。

・・・つづきはこちら

企業を経営するにあたって、何かと資金が必要になります。そのため、資金調達は戦略的に行うことが大切です。戦略的に資金調達するために、資金繰りの管理は経営者にとって大切な仕事です。

・・・つづきはこちら

2社間契約のファクタリングはファクタリングを利用する納入企業とファクタリング会社の2社間の契約に基づいて行うことです。メリットとデメリットを知った上で資金調達しましょう。

・・・つづきはこちら

中小企業の経営者は銀行から融資を受ける際、担保の有無に左右されるため不動産を持っていないと資金繰りに苦労する場合が多いです。資金繰りを解決する方法は5つあります。

・・・つづきはこちら

資金調達が不安定な企業は、常に資金繰りに追われてしまうため本業が手薄になり、業績が伸び悩むでしょう。融資は銀行との関係性が大切です。融資を受けるポイントは4つあります。

・・・つづきはこちら

ノンバンクで融資を受けようと考えている企業もあるでしょう。消費者金融やクレジット会社など銀行から調達した資金で与信業務を行う機関です。事業資金融資を受ける5つのコツがあります。

・・・つづきはこちら

銀行から融資を受ける際は決算書が重要です。決算書は企業の状況や価値を判断する書類であるため、作成の仕方次第で融資を受けられるかどうかが決まります。5つのポイントを意識しましょう。

・・・つづきはこちら

ファクタリングは利用したことがない企業経営者が多く、まだ認知度が低い資金調達方法と言えます。専門家の解説でファクタリングについての知識を身につけてみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

黒字でも資金ショートは起こる可能性があるため、資金繰りを改善して資金ショートを回避しましょう。資金繰りの改善は主に4パターンあり、それぞれ対策することが大切です。

・・・つづきはこちら

銀行融資はまとまった資金を調達できるといったメリットがありますが、銀行からいつでも融資を受けられるようにするために、銀行の信用格付けであるスコアリングを上げる必要があります。

・・・つづきはこちら

融資のメリットは決算書が良ければ通ることですが、逆に年商30億円の企業でも決算書が悪ければ通りません。決算書を作成する上で大前提になるポイントは、融資したくなる決算書です。

・・・つづきはこちら

事業者だけを対象とした金融商品であるビジネスローンは銀行融資の主流です。銀行融資は常に利用できるとも限りません。100%銀行ビジネスローンを成功させるポイントを知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

これから社員を雇用しようと考えている経営者もいるのではないでしょうか。その際に際に知っておきたいのが、キャリアアップ助成金です。対象者によってそれぞれ支給額が異なります。

・・・つづきはこちら

数名しか社員がいない小規模事業者は、売り上げのために投資する費用がないことがあります。資金繰りに悩む経営者が多いですが、そのようなときに活用したいのが小規模事業者持続化補助金です。

・・・つづきはこちら

創業補助金の対象となるのは、新たに創業する人です。創業補助金を上手に活用して、会社を設立してみてはいかがでしょうか。しかし、様々な要件を満たさなければなりません。

・・・つづきはこちら

起業や創業時に受けられる補助金や助成金について知っている人が少ないです。認知度が低い助成金、補助金制度がたくさんあります。情報を集めてしっかりと知識を身につけることが大切です。

・・・つづきはこちら

資金調達は事業計画書が重要です。上手く資金調達ができないという経営者は、事業計画書に問題があるかもしれません。成功させる事業計画書の作成ポイントを知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

起業する際は半年ほどの運転資金も必要になるため500万程度は用意しておきたいものです。経営者の自己資金が足りない場合は資金調達しなければならないため、調達方法を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

資金調達の方法の一つに、ABLがあります。資金調達に失敗しないためにもABLの仕組みを知り、事業継続にとって適切な資金調達方法であるかどうかを判断することが大切です。

・・・つづきはこちら

ソーシャルレンディングは融資を受けたい人と融資をしたい人をインターネット上でマッチングするサービスで、資金調達の際に銀行融資が受けられない企業でも利用することができます。

・・・つづきはこちら

資金調達でファクタリングを利用する際は手数料や相場を知り、適正であるかを判断しましょう。ポイントは方式、ファクタリング会社の方針、売掛先とファクタリングを利用する企業の信用力です。

・・・つづきはこちら

資金調達には様々な方法がありますが、中小企業が利用できる資金調達に手形割引というものがあります。メリット、デメリットがあるため、仕組みや特徴を知った上で、利用しましょう。

・・・つづきはこちら

資金調達の方法一つである手形割引は、手形割引料が発生します。手形割引料というのは、利息の性質を持った手数料のことです。手形割引料が安い業者の選び方を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

資金調達には、手形割引やファクタリングなどの方法があります。この2つは似た性質を持っていますが大きな違いもあるため、違いを知った上で適切な資金調達方法を選択することが大切です。

・・・つづきはこちら

銀行から融資を受けている企業の中には、リスケジュールを検討なければならない状況に陥っている企業もあるのではないでしょうか。リスケジュール中でも資金調達をする方法があります。

・・・つづきはこちら

銀行融資を受けて資金調達をしようと考えている経営者も多いのではないでしょうか。企業によって状況や条件が異なるため、金利の決め方を知った上で資金調達をすることをおすすめします。

・・・つづきはこちら

個人事業主は資金調達が簡単にできないこともあります。金融機関の融資を断られた人もいるのではないでしょうか。資金調達の方法に困っている場合はファクタリングを検討してみてください。

・・・つづきはこちら

ファクタリングという資金調達は様々な業種、事業で活用されています。様々な活用事例がありますが、支払いサイクルが長い事業はファクタリングを積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

ファクタリングを利用するためには、審査を通らなければなりません。審査を通るためにチェックポイントを把握しておきましょう。また、面談も重要であるため、信頼を得るための対策が必要です。

・・・つづきはこちら

ファクタリングが審査不可になることがあります。審査不可になる理由は主に証拠書類の欠損と個人相手の2つです。スムーズに審査を通過するためにも、知っておくことが大切です。

・・・つづきはこちら

信用情報がブラック登録されると借入することが困難になり、資金調達が難しくなってしまいます。しかし、ブラック登録されている場合であっても資金調達する方法が主に2つあります。

・・・つづきはこちら

様々な特徴を持った業者がいますが、中には詐欺業者が存在します。業者選びを間違ってしまうと経営にまで影響を及ぼすため、資金調達の際はしっかりと業者を見極めることが大切です。

・・・つづきはこちら

ファクタリング会社にも様々な種類があり、金融機関もファクタリングを提供しています。メリットは手数料が安いことですが、融資への影響や対応スピードが遅いというデメリットもあります。

・・・つづきはこちら

新しく会社を立ち上げるとき、多くの経営者は外部から出資や融資を受けるでしょう。外部から出資や融資を受けることを検討している経営者は、それぞれの違いを理解した上で検討しましょう。

・・・つづきはこちら

ファクタリングは売掛債権を活用して資金化することができます。資金調達としてファクタリングを検討している経営者もいるはずです。ファクタリングの仕組みを理解しておきましょう。

・・・つづきはこちら

資金調達をする際、日本政策金融公庫は個人事業主や中小企業でも比較的審査が通りやすいですが、必ず審査が通るというわけではありません。融資審査を成功させるコツを知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

銀行融資を受けて資金調達をしたいと考えている経営者の中には、審査に通るかどうか不安だという人もいるのではないでしょうか。銀行融資の審査を通すためにはポイントがあります。

・・・つづきはこちら

ファクタリングは銀行融資が厳しい中小企業の経営者でも審査が通る可能性があります。しかし、審査を受ければファクタリングが利用できるというわけではありません。書類の準備が必要です。

・・・つづきはこちら

融資審査を通るためには、正しく事業計画書を作成しなければなりません。審査担当者は事業計画書を見て判断をします。具体的な収益計画を記載し、説得力のある事業計画書を作成しましょう。

・・・つづきはこちら

銀行融資は保証付融資とプロパー融資があります。保証付融資は信用保証協会が保証人となり、プロパー融資は直接銀行から融資を受けることができます。それぞれメリット、デメリットがあります。

・・・つづきはこちら

決算書がなくても融資が受けられるレンディング・ワンという新しい資金調達方法があります。レンディング・ワンは書類が不要であり、審査が通れば最短で当日に資金調達することができます。

・・・つづきはこちら

資金調達お困りなら
資金調達コンシェルジュに
おまかせください

まずはお気軽にご相談下さい!

簡単無料診断はこちら 24時間受付中